すそわきがを防ぐためのケア方法

デリケートゾーンの臭いは脇の臭い同様強烈なものがあるのでしっかりケアをしておかなければいけません。特にどの部位よりも蒸れやすいしムダ毛も生えているので雑菌が繁殖してしまう事も多いです。また生理中になると出血したりおりものが増えたりして臭いが強くなったりもします。デリケートゾーンが臭ってしまう事をすそわきがといいますが、このすそわきがはどういうふうにケアしていけば防ぐ事が出来るのか見ていきましょう。

すそわきがをケアする

soapza

デリケートゾーンは皮膚が特に薄い部位なので刺激にも弱かったりします。そのため清潔にしようと思ってゴシゴシ強めに洗ってしまうと皮膚を傷つけてしまう可能性があります。

それで傷口がひどくなったりすると臭いが発生してしまう事もあります。清潔に心がけるのはいいのですが、デリケートゾーン専用の石鹸をしっかり泡立てて優しく洗うようにしましょう。また洗った後はしっかりタオルで拭き取るようにもしましょう。せっかく洗ったのに濡れたままだと臭いが再び発生してしまう可能性があるので気をつけましょう。

外出する時は必ずトイレに行くと思いますが、トイレにウォシュレットが付いていない場合があります。そのためトイレットペーパーで拭く事になってしまいますが、それだけでは不衛生になってしまいます。外出する時のはウェットティッシュを常に携帯しておいてこういう時に使用してデリケートゾーンの清潔を心がけていく事も大切になってきます。

蒸れは最も臭いを強くする

夏になると汗を掻くのでデリケートゾーンが蒸れやすくなってきます。蒸れてしまうと雑菌の繁殖にも繋がってしまうのですそわきがの原因にもなってしまいます。そのため夏場の服装には気を使うようにしましょう。特にピッタリしたズボンはデリケートゾーンの蒸れの原因になってしまうのでなるべく通気性の良いスカートを履くといいでしょう。

デリケートゾーンのムダ毛の処理も検討してみましょう。ムダ毛の量は人それぞれ違いますが、特に毛の量が多い人は臭いが発生してしまう可能性も高くなってしまいます。デリケートゾーンのムダ毛を処理してしまう事で通気性が良くなって蒸れなくなります。それですそわきがなど臭いに対策にも繋がってきます。ただしデリケートゾーンの皮膚は薄いのでムダ毛を処理する時に自己処理でするのは辞めましょう。なるべく脱毛サロンに通うなどして処理するといいでしょう。